個別指導塾の強み

個別指導塾の強みとは、集団塾や家庭教師に比べてどのようなものがあるのでしょうか。

時代にマッチした塾予備校業界の新しいモデル

子ども

学習塾といえば、学校と同じ集団クラス指導塾が主流でした。しかし、2001年頃から一人ひとりの学力に応じたきめ細かい教育が求められ、講師1人につき生徒1~3人程度を教える個別指導塾のニーズが急速に増加しました。さらに2009年度からは新学習指導要領が順次実施され「脱ゆとり」を目標に小・中学校では授業コマ数や学習内容が増加しています。これに伴い、学校の授業やテストについていくための補習ニーズが一段と増しています。

つまり、新たな教育方針による学習レベルや量が増える中、学校の集団学習についていくのが難しくなった生徒の解決手段に「個別学習塾」が誕生したのです。

家庭教師よりもリーズナブルに集団塾より質の良い教育を

集団塾は学校の延長線上になりがちなことも多く、授業に付いていけない、授業に集中できないという悩みが解決できないまま、なんとなく塾に通い続けてしまうことがあります。集団塾も学校と同じく、1人の講師が十数人の複数の生徒を見なければならないため、どうしても一人ひとりにかける時間の密度が薄くなってしまうのです。

そして、マンツーマンの指導と言えば家庭教師が代表的ですが、家庭教師は集団塾に比べ費用が高くなってしまうのが一般的です。個別指導塾では、1つの場所で個別指導を行うため、コストを効率的に抑えることができ、結果的に家庭教師よりも費用を抑えて同等のきめ細やかな教育を受けることができるのです。

その家庭教師よりもリーズナブルに、質の高い教育を受けられる点が「個別指導塾」が順調に成長を続けている理由です。